ABOUT | benium

ABOUT

__古布と輝きをチクチクと__

beniumでは着物の生地や古布を使用して服飾雑貨を制作しています。
刺し子シリーズは東北地方の文化から
インスピレーションを受け、制作しています。

江戸時代、東北地方では気温が低く、綿の栽培が難しいため木綿の生地が貴重なものでした。
そのため木綿布が手に入らない地域では
保温、補強のために麻の生地に麻の糸で補強したのが始まりとされています。
人々は繊維の粗い麻の生地に細かく糸をさしたり、
生地を何枚か重ね合わせて暖かくなるよう工夫していました。
それらがやがて発展し、日本の三大刺し子で有名な
青森県津軽の「こぎん刺し」青森県南部の「菱刺し」が生まれました。
江戸や京都などの都市部から使い古しの生地を入手し、
着物、野良着、布団など様々な生活用品を作り使用していました。
擦り切れたら補修をし、着物から下着へ、その後は雑巾など
姿を変えながらも生地を大切に使い続ける姿は、
モノの溢れた現代に生きる私達にこそ物の本質を考えるきっかけを与えてくれるものだと思います。

beniumでは第一に古布を集めることが好きだということと、
上に記した物への価値観のリスペクトから
木綿、麻、絹などの色柄様々な古布を
縫い合わせてアクセサリーやバッグを制作しています。
風合い、質感、色柄それぞれ異なる特徴をもつ生地同士が集まり、
糸で刺していくことによって一つにまとまる、
完全一点物のアクセサリーを、楽しんでいただけますと幸いです。